weight-saving

2013年06月07日

Milled Front Axle Hook.

I have made front axle hook for my Brompton from aluminum ingot.
アルミの塊からブロンプトン用のフロントアクセルフックを作った。

hook07

Aluminum block and milling machine
アルミの塊とフライス盤



hook02hook01






Comparison with original hook. Original hook consists from over 5 different parts. Milled piece is uni-body. Rubber pad was applied to the inside of the piece.
元のフックとの比較、純正は5つ以上のパーツから構成されている。今回削りだしたものは一体成形だ。本体の内側にはゴム製のパッドを貼り付けている。

hook03hook04






Original: 28g, the one I made: 12g
元のフック: 28g、今回作った物: 12g

hook06hook05






Fits well, no issue when folding.
折りたたみ時も問題が無く、おさまりも良い

In fact, aluminum block cost was less than 10US$ which is cheap enough. However, it took so much time to finish due to its complex shape. 2 sides of the piece slightly twisted, so I had to mill it in the right angle. To be honest, I do not feel like making 2nd copy concerning an effort to finish. But, of course I am happy to complete this mod.
アルミブロックは1000円以下だったので十分安いが、フックの形状が複雑なので完成までに相当時間がかかった。フックの2辺が微妙にねじれているため、正しい角度で削る必要があった。実際は、完成までの手間を考えると、もう一個作ろうという気にはならないところだが、この改造を完成させられたことは満足している。



s2l_x at 16:43|PermalinkComments(0)

2013年05月11日

My Brompton as day of May 11, 2013

Finally, my Brompton is ready to go after few fine tunings and modifications since May 1.
5/1の状態からいくつか変更を加えて、ついに自分のブロンプトンが完成した。

051113_001Just completed (titanium parts were polished)
完成したところ (チタン部分はポリッシュ仕上げ)
* Unfortunately, it is raining today, so I will take photos outside later.
※残念ながら今日は雨が降っているので、屋外での写真は後日撮ろうと思う

051113_004
Customized logo as a mark of respect for Loro Setagaya and Kadowaki Coating 
ローロ世田谷 と カドワキコーティング に敬意を表する意味でつけたカスタムのロゴ 


051113_002

Another angle
ロゴの別アングル



051113_006

Weight measureing...
重量計測中、、、



051113_003

It was originally 9.76kg, then it became 8.040kg last time and now it's 7.915kg
元の重さは9.76kg, 前回は8.040kg, 今回の計測で7.915kg



As I planned and mentioned in one of my article on the other day, as I did not want to do some mods little by little, I am happy to come this far shorly after initial state on May 1.
過去に計画して、先日のブログでも書いたように、少しずつの改造というのは望んでいなかったので、5/1の状態からあまり間を置かずにこの状態にまでできて満足している。

Most difficult part in this customized Brompton is wait-saving at the same time keeping same tone or texture of each parts. There are number of different lighter parts than what I got in the market, but when putting those together, they look pretty much inconsistent. In fact there are a few parts I did not choose either because they were too heavy or did not look good / consistent. In other words, consistency + weight-saving is key in my Brompton.
このブロンプトンのカスタムで一番難しかったのは、各パーツの軽量化と質感の統一を同時に実現した部分だ。今回選択したパーツよりも軽いパーツというのは市場にはいくつか存在するが、それらを合わせてみると、統一感が得られないことがあった。実際に、重すぎるという理由、または見た目良くない、統一感が得られないという理由で採用を見送ったパーツがいくつかある。つまり、統一感と軽量化というのがこのブロンプトンの鍵となっている。

FIY, Loro Setagaya is sharing photo of this bike at facebook ( whole bikelogorear frame ).
ちなみに、ローロ世田谷のFacebookで( 車体、    ロゴ 、   リアフレーム ) 写真を共有していただいている。

I would like to take this opportunity to say a few words to express my great application to everyone in Loro Setagaya and Kadowaki Coating, who helped and put things together to make this Brompton.
この場を借りて、このブロンプトンの完成に関わられたローロ世田谷の皆さんと、カドワキコーティングの皆さんにお礼を述べたい。  本当にどうもありがとうございました。

s2l_x at 14:03|PermalinkComments(4)

2013年04月18日

Titanium spndle for right side pedal / 右側ペダル用チタンシャフト

Titanium spindle for other pedal was divert  for MKS compact pedal. / 他のペダル用のチタンスピンドルをMKSのコンパクトペダルに流用した。

tispindle_right


Titanium spindles
 チタン製のスピンドル2本


tispindle_right2

27g per piece, tip of this spindle was milled about a few millimeters because it was slightly longer than expected.
1本27g, 期待したよりわずかに長いため、スピンドルの先端を数ミリ削ってある。


tispindle_right3


Accembled pedal, 82g
組み立てたペダルは82g 

s2l_x at 00:42|PermalinkComments(0)

2013年04月16日

Titanium rear hinge shaft / チタン製リアヒンジシャフト

Created Brompton's rear hinge shaft from titanium. / ブロンプトンのリアヒンジ用のシャフトをチタンで製作した。

shaft_org


Original shaft: 30g / オリジナルは30g



shaft_ti


Ti shaft: 17g / チタン製は17g



shafts

Original shaft and 2 Ti shafts / 元のシャフトと、チタンシャフト2本
Got 2 of them just in case / 念のため2本作ってある



Ti shafts have small slit at the end concerning disassembling without breaking the shaft like original. This slit should allow you to unscrew bolts in both ends by preventing the shaft from rortating with screw driver.
チタンシャフトには、分解時の事を考慮して、純正品のように壊さなくても良いよう、エンドにスリットを入れてある。このスリットをマイナスドライバーで固定することにより、シャフトの回転を押さえてボルトを緩めて外す事ができるはずだ。



s2l_x at 23:23|PermalinkComments(0)

2013年04月13日

Chain tensioner mod - 2 / チェーンテンショナーの改造 - 2

Today I have milled the other piece of Bikefun Chain tensioner to reduce weight. / 軽量化する目的で、チェーンテンショナーのもう一つのパーツを削った。

CT02

Left: piece milled on the other day, Right: piece just milled by now.
左: 先日削ったパーツ 右: 今日削ったパーツ

It was originally 70 - 71g, now 66g.
もとが70-71gだったが、66gになった。


These 2 pieces are saving around 15g from original.
この2つで元の状態からおよそ15gの軽量化になっている。


s2l_x at 13:30|PermalinkComments(0)